能登島のイルカウォッチング

夏休みシーズンに入り、能登半島でも
観光目的の県外ナンバーの車が増えてます。

「のとじま水族館」はシーズンを問わず観光客に人気ですが
同じく能登島のイルカウォッチングも観光客に人気です。

特に能登島は他では類を見ないほどの高確率で野生のイルカに出会え
野生のイルカを間近で見にいくことができます。

能登島がある七尾湾ではイルカが定住してることもあり
一説によると遭遇率は98%だとか。

少なくみても90%はくだらないそうです。

しかも能登島のイルカは船を怖がる様子はなく
特に幼いイルカは好奇心旺盛なこともあって
自分から船に近寄ってくるそうです。

大人のイルカも触れそうなくらいの距離まで
近づいてくることも珍しくないようです。

しかも船が出ている時間帯なら悪天候で無い限り
高確率で見られるとのことだから時間帯は気にしなくてよいそうです。

海の幸の宝庫・能登>>美味しい★海グルメ★はコチラ

今朝の鹿磯漁港、写真を撮った時点では曇り。

DSC_0013

その後、大雨洪水警報が発令して時折激しく降ってます。

気象庁のサイトを見ると・・・

WS000000

この警報は輪島地域限定のようですね。


今日の記念日、今日の歴史


今日7月25日は「かき氷の日」。

かき氷のかつての名前「なつごおり」(夏氷)。

「七(な)2(ツー)五(ご)」の語呂合わせで日本かき氷協会が制定しました。

また、横綱朝青龍が、夏巡業を負傷休場中に
故郷モンゴルでサッカーをしていたことが報じられたのが
2007年の今日7月25日でしたね。