能州通信~from能登・門前

かつて七尾湾では櫓(やぐら)を使った
「ボラ漁」が行われてましたが
ボラ待ち櫓(やぐら)漁は1970年代から激減。

1996年を最後にこの漁は行われておらず
観光用にその名残を留めるのみでした。

しかし昨日のことですが
穴水町新崎に建てられたボラ待ち櫓で漁が行われ
100匹を超すボラが水揚げされました。

ボラは警戒心が非常に強いため
漁師はこの櫓の上から海底に張った
フクロ網の上を通るのを待ち
網を通るとすぐさま引き上げます。

今回も一昨日の朝に櫓の上からボラの魚影を確認。

魚群を待って昨日の大漁に結びつきました。

今朝の鹿磯漁港は小雨・・・

DSC_0011DSC_0009

あいにくの空模様ではありますが
今日は土曜日でイカ漁はお休み。

休息の雨って感じです。
明日の予報は晴れですよ。